株主・投資家の皆様へ

当社は、われわれが得意とするソフトウェアエンジニアリングを活かして、ソフトウェア開発に困っている製造業のお客様に究極のホスピタリティを提供することを目的に、2008年9月に設立いたしました。

しかし、ここ数年は、第4次産業革命の進行に合わせ、お客様からの支援依頼が急増し、このご要望にお応えするためには、当初のわれわれの想定を超えるペースでの事業拡大と組織成長を図る必要があり、それを実現するべく、2018年7月に東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。

また、国を挙げてDX(デジタルトランスフォーメーション)がより声高に叫ばれています。
これからのソフトウェア開発の現場においても「暗黙知であるナレッジを可視化し、それを活用することで新たな価値を創造する」という、まさにDXが欠かせないということを顕在化させているのではないでしょうか。

当社でもソフトウェアの開発現場をDX化する一つの解として、ソリューションに関するナレッジを新たなコンテンツとして展開していきます。
われわれエクスモーションはお客様が直面している「ソフトウェア時代の新しいものづくり」の実現に少しでもお役に立てるよう、これまで以上の尽力をお約束いたします。

引き続き、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 渡辺 博之