ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、投資家の皆様に対する適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、常に投資家の皆様の視点に立った迅速かつ公平な会社情報の開示を行います。

情報開示の基準

1.当社は、金融商品取引法その他諸法令ならびに東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定に従って、情報開示を行います。また、開示義務のない情報であっても、投資家にとって重要あるいは有益であると判断した情報については、積極的に開示していく方針です。
2.当社は、投資家に対して公平かつ適切に情報を開示するため、金融商品取引法その他諸法令に定める投資判断に重要な影響を及ぼす情報について、一部の投資家のみに選択的開示がなされることのないよう、情報管理を徹底します。未公表の重要情報について、意図しない情報開示が一部の投資家等に行われた場合にも、速やかに情報開示を行います。

情報開示の方法

1.当社は、金融商品取引法等の諸法令及び適時開示規則に従い、金融庁の「EDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)」または東京証券取引所の「TDnet(適時開示情報伝達システム)」により情報開示を行います。
2.投資家にとって重要あるいは有益と判断した情報につきましては、当社ホームページへの掲載により情報開示を行います。当該情報がEDINETまたはTDnetによる情報開示の対象の場合は、EDINETまたはTDnetでの情報公開後、速やかに開示した情報と同一の情報を当社ホームページに掲載します。また、必要に応じて、東京証券取引内記者クラブの「兜倶楽部」を通じた報道機関への公表を行います。

沈黙期間

当社では、決算発表準備期間中に株価に影響のある情報の漏洩を防止するために、決算日(四半期決算を含む)から決算発表日までを「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。但し、「沈黙期間」中に予想と大きく変わる場合には、適宜、情報開示を行うこととしております。